7/15書のワークショップ

IMGP7703

 

7/15書のワークショップ
講師:田面遥華、
記録:山口諒子(ココルーム)

<概要>
テーマは、誰かに当てた暑中見舞の言葉を書く。夏と言えば・・・を皆で出し合い、出たものからでも、自分で思いついたものでも、書く。後半は自由に書きたい言葉を書く。

<メモ/感想>
先生が来る前から準備万端で、お題を発表する前に書いてしまう人もあり、楽しみにしているのがわかる。「書の時間だけ、終わるん早く感じるわー」と数人言う人もいて、「先生悪いこと言わないもんなー」「褒められると上手くなるよね」と、最後まで集中が続く時間で、もっと書き続けれそうなおじさんたちでした。


おしらせ2014年7月15日