5/15はたのこうぼう映画の会

IMGP5319
5/15はたのこうぼう映画の会 講師:はたのこうぼう 記録:遠藤(ココルーム) 次郎長三国志第二作。今の時代に観るととても新鮮。最近のテレビ時代劇との違いも興味深い。貧しく、底抜けに明るく、人情味にあふれている。俳優、女優さんの話で盛り上がる。歌あり、踊りありでインド映画みたい? 「次郎長ってなにで生活していたの?」に、「口利き、人夫だし、派遣業みたいなもの」「本業はばくち」「旅してるのは指名手配から逃れるため」という意見に釜ヶ崎との共通性を見いだし苦笑い。この映画の俳優も美術担当も後に有名なった人が多い。マキノ家−満州−東映。低額予算で面白い映画。ひと花の皆さんほんとに詳しい! ただ若い頃に映画を観る環境になかった人のことも気にかかった。

おしらせ2014年5月16日