ブログ



6/28 西成区保健福祉センター分館看板製作の道

いつも行う地域活動。今度は趣向を変えて看板作りに挑戦します。腕に自信のあるメンバーたちがあれこれ試行錯誤を重ねながら製作していきます。まずは板に文字をトレースしていきます。 IMGP4349 看板の下書きができあがりました。

IMGP4355 ここから彫刻刀で筋切りをし、かまぼこ彫りを行います。これが根気のいる作業です。皆で分担しながら彫るので1文字1文字に個性が表れます。

IMGP4515 文字の彫り起こしが出来上がりました。

IMGP4920 次にとの粉で目留めを行い、アクリル絵の具で文字の墨入れを行います。はみ出しが許されないので非常に集中力を要します。

IMGP5194 次にラッカーニスを吹き付けてつやを出し完成です。

IMGP5774 本日、保健福祉センター分館に納品です。取り付け作業はメンバーが最も燃える作業です。現役さながらのチームワークで取り付けます。
取り付け完了。しばしみんなで眺めました。感無量ってところです。

 

IMGP7077IMGP7085

 


おしらせ | 2014年6月28日

6/27詩の時間

IMGP7011
6/27詩の時間 講師・記録:上田 假奈代(ココルーム) <概要> 呼ばれたい名前と近況報告。からだをほぐしてから、連詩をつくる。最初のお題は「25歳」 <メモ・感想> 今日は少人数だった。25歳の若者がいたので、Sさんが「これから何したい?」と興味津々に尋ねたりするので、「25歳」で連詩をつくってみた。ひとり3行つくって、あつめてシャッフルし次の3行をつくる。6回くりかえし、最後に書いた人がタイトルをつける。25歳からはじまって、75 歳までを書いていたのが印象深い。前向きな内容が多く、生への希求が感じられたり、一歩ひいてみつめる視点があったり、連詩なのでそれらがまじりあっておもしろかった。 <講師感想> 無責任にことばを紡げるのが連詩のいいところですが、みなさん真剣にていねいに書いてくれました。脳の体操といったところでしょうか。
おしらせ | 2014年6月27日

6/26リラックス体操

IMGP6994
6/26リラックス体操 講師・記録:小手川望(ココルーム) ストレッチでは、体の固い人、柔らかい人などそれぞれ。お互いに「たこみたい」「足、つかめないやん」など声を掛合って和気あいあいと体をほぐしていく。ゆっくりとした動きも、続けていくとだんだんと汗が出てくる。次に、二人一組になって、1人が横になり、その人のまっすぐに感じるところと、外から見てまっすぐにしたときに違い、また手の脱力が出来るか試した。みなさん、手に力が入っていて、なかなか脱力できない。「力抜いてるで」といいつつ、持上げて手を離すと空中で止まってしまって、下に落ちてこない。頑張ってる人ほど、なかなか力が抜けないんですよ、という話をする。 脳機能簡易テストで、成績が良かったり、悪かったり。瞑想や軽い運動が脳の機能向上にいいんですよ、というお話をしてから、呼吸のレッスンをした。横になって静かに呼吸していたら、眠くなってしまった。
おしらせ | 2014年6月27日

6/24散歩の会

IMGP6872
6/24散歩の会 講師:陸奥賢 記録:山口諒子(ココルーム) <概要> 南海電車(新今宮駅~粉浜駅)下車 徒歩で住吉大社周辺(閻魔地蔵尊、一運寺、住吉大社)を陸奥さんのタイムスリップしたお話と共に散歩  阪堺電車(住吉鳥居前~南霞町)ひと花に到着 <メモ・感想> 電車に乗る前に一人帰られるが、天気もよく、影があったり、風が通り良い気候で誰もバテることなく参加できた。歩くペースもゆっくりで、踏切で電車の写真を撮ったり、ソフトクリームを食べたり、万葉集の歌のいわれを聞いて盛り上がる。閻魔地蔵尊の前の道では分岐が7本あって(昔は6本だったそう)この道は、「地獄、餓鬼、畜生、人間、修羅、仏界」への道らしく「俺は畜生だな」「はい、餓鬼」など閻魔王の審査は、間に合っている様子。陸奥さんの話しをメモにとる人や、物知りなおじさんが横で喋ったりと緩やかな時間が流れていました。すぐ隣町だが、住吉さんに行ったことがない人が多く、普段よく行く人でも知らない、地元の人のように裏道へ周ったり、住吉さんの五大力の石を探してお土産にもって帰られる人も。時間も程よく盛りだくさんな散歩でした。
おしらせ | 2014年6月25日

6/20演劇ワークショップ

IMGP6750
6/20演劇ワークショップ 講師・記録:沖田都 立ち方や呼吸・発声について、少しずつみなさんが慣れて来ているように感じた。複式呼吸は難しそうな方もいらっしゃった。声を出すだけでも、汗をかいたり「疲れたー」という声が聞こえた。声の向きをためすゲームでは、なかなか自分の声の向きを感じるのは大変だったようだが、それぞれの方の声・しゃべり方が独特だった。休憩をはさみ、今後の演劇公演についての話をする。「人生双六」か「情けは人のためならず」が再演できるといいかな、という話にまとまった。最後にマクベスの台詞を読み、みなさん意外や大きな声を詠んでくださった。 (講師感想) まず、みなさんと声を出すのは楽しいなと素直に思いました。マクベスの台詞は、みなさんの反応がどうかなあーと思っていましたが、楽しんでくださったようで良かったです。また次回も色々と持って来てみようと企んでいます。
おしらせ | 2014年6月23日

6/19はたのこうぼう映画の会

th (5)
6/19はたのこうぼう映画の会 講師:はたのこうぼう 記録:山口諒子(ココルーム) <概要> 続、次郎長三国志を観る。皆で話し合う。 <感想・メモ> 映画の中間あたりで、個人個人休憩に行く人やそのままじっと動かない人、座り直す人、笑いが漏れる人、緩やかな小さな映画鑑賞会でした。終わると、皆さんの終わりのない話しが次々と溢れて、30分ぐらいの時間があったのですがあっという間に過ぎてしまい、まだまだ話し足りない感じでした。
おしらせ | 2014年6月23日

ひと花ゆめひろば開催 7月12日

来月も、ひと花センターを地域に開放する日 「ひと花ゆめひろば」を行います この日は年齢も保護の受給も住んでいる地域も関係なく、ひと花センターにお越しいただける日です。 ひと花ゆめひろば 7/12(土)10:00~14:00 場所:ひと花センター 予約:不要 料金:無料 どなたでもおこしください
おしらせ | 2014年6月22日

6/18書のワークショップ

IMGP6661
6/18書のワークショップ 講師:田面遥華、記録:遠藤智昭(ココルーム) 今日は大きな紙に文字を書く。まずは試しに普通の半紙に文字を書き、見せっこをして書く文字を決める。次に大きな筆の使い方に慣れるために、新聞紙に一本線。手先だけではなく体をつかって。立ち止まって書くのではなく、歩いて! Hさん、原爆、「ばく」の迫力。Iさんはおっきな西瓜。ボランティアのKさんは手慣れた達筆。たまり、かすれ、強弱。Hさん、裸と蚊、で刺されそう。Kさん、風鈴、まるで出店の風鈴がいっせいになっているよう。Yさん、うまい、さんずいがもっとおおきくてもいいかも。Tさん、生麦酒、最初はしっかり、だんだんたよりなく、まるで酔っていくよう。Sさん、涼、あえて墨をすくなく、すずしげに。書き方で文字の持つ意味にさらに雰囲気が付け加えられるのがおもしろい。ひと休みしたあと4枚をつなぎあわせて大きな紙に。話し合い、「優勝」と書くことに。ひとり二画づつ分担。優の字が大きくなり、紙が足りなくなったので一枚継ぎ足す。集合写真を撮り、先生が赤のマジックで手描きの落款を書き込み完成!
おしらせ | 2014年6月18日

6/16美術の時間

IMGP6527
6/16美術の時間 講師:前川紘士 記録:山口諒子(ココルーム) <概要> 大きな画用紙6枚を仮止めして、以前から書き温めてきたアイデアを盛り込む。 <メモ・感想> 今日は、少ない人数からスタートして陽気におしゃべりをしながら「あれ?あの人きてないなぁー」と噂をすると噂をすればの人達が集まり、始めから最後まで賑やかで、また新しい独自の色も生まれ皆さん楽しんでいました。先生の「一番大事なのは、今迄のモノを盛り込むのを忘れず、独自のアイデアを混ぜ込んでいってください」の言葉も届く。
おしらせ | 2014年6月16日
1 / 212