1/21 こころとからだをほぐす

IMGP0111
1/21 こころとからだをほぐす(講師:エメ スズキさん 記録:上田 假奈代 さん) (メモ・感想) 馴染み感があり安心してなごやかな場であったことが印象深い。途中、ペアを組んだときに五十肩のOさんが肩を痛めてしまい、その後見学。「だいじょうぶ」と言いながら最後まで拍手をしながら楽しそうに見学していてくれたことも場作りに役立ったとおもう。これからも事故やケガにつながらないよう気をつけたいし、またご本人が不調に気づいたらすぐに言える場でありたいとおもう。人形づくりのタイトルは「オリンピック」「明日へ」「仲裁」「介護」など。講師のエメさんと立ち話のなかで、全員参加プログラムで来ていた方でちょっと心配と思った方のことはいまも覚えていて、そういう方は来てくれていない、とのこと。スタッフから手紙などを送っているそうですが、、と答えるが、ひと花センターに来てない方にもつながりの場があることを願う。 (講師感想) 寒い日でしたので、体をあたためることに重きをおいていましたが、思っていたよりも、みなさんの体がほぐれていたので、安心して進めることができました。人の体をさわったり、見たりすること、そうすることで生まれてくる「もやもや」「わくわく」「おやおや」「わいわい」・・・etcを味わってほしいと思いその要素が生まれていたらうれしいなと思います。私自身はみなさんのいろいろな体の表情と楽しめた時間でした。  

おしらせ2014年1月21日